MENU

はぐくみ葉酸の特徴&他の葉酸サプリと違うところは?

葉酸サプリはたくさんの種類が販売されていますが、はぐくみ葉酸は他の葉酸サプリとは違います。

一番な特徴は自然由来の素材だけを使用していてオーガニックにこだわっていることです。

 

オーガニックレモンから搾った葉酸(400ug=レモン約13コ分)、同じくオーガニックハーブから搾ったビタミンとミネラル、アセロラエキスから搾った天然ビタミンC、珊瑚から抽出した天然カルシウムが主な成分です。

 

はぐくみ葉酸サプリは全て天然成分が原材料で、他の安価な葉酸サプリだと合成成分には石油系が使用されていたり、安全性の確認されていない安い材料で作られているので妊婦さんには向いていません。

 

元気な赤ちゃんのためにも安心して食べられるものを選択するのは妊婦さんには欠かせないことです。
公式サイトでも極めて自然由来にこだわった他に無い葉酸サプリを目指しましたとあり、ここでもメーカーの拘りがわかります。

 

天然成分だけでなく、不足しがちな鉄分やカルシウムビタミンやミネラルなど15種類の栄養素が含まれていて評判も良いです。
葉酸は妊娠中以外でも一定量は摂取することが推奨されていますが、数種類サプリを飲むことなく一つで済むのも便利です。

 

妊娠中に必要な栄養素が入っていて、オーガニックなので安心して摂取出来ます。
口コミでも評判が高く、最近注目されている葉酸サプリです。

 

妊婦さんだけでなく、これから赤ちゃんを望む妊活中の人にもおすすめなサプリメントです。

 

 

妊娠と葉酸の関係って?

 

 

葉酸は妊娠中の女性と、妊娠する可能性のある女性にはとても大切な栄養素のひとつです。2000年からは妊娠した女性に交付される母子健康手帳にも、葉酸の必要性が記載されるようになりました。

 

妊娠初期に葉酸の摂取が不足すると、神経系に障害を持った赤ちゃんがうまれる危険性が高まると言われています。

 

妊娠してから2週間から4週間くらいまでの妊娠初期には、胎児の細胞分裂が活発化します。この細胞分裂が活発になる時に葉酸が不足してしまうと、神経系の病気が起こるリスクが高まります。

 

葉酸には母体面でも効果があります。疲労回復を助けたり、貧血を防ぐ働きを持ち、精神を安定させる効果もあります。

 

1日に必要な摂取量は240マイクログラムで、妊娠中は440マイクログラムの摂取が推奨されています。葉酸を多く含む食品としては、ほうれん草、ブロッコリー、グリーンアスパラガス、からし菜、レバーなどがあげられます。しかし葉酸は水に溶けやすく、熱にも弱いという性質を持っています。
そのため、調理する過程で栄養素の多くは失われてしまいます。
ほうれん草で1日の摂取量をまかなおうとすると、ほうれん草7束分もたべなくてはならないのです。

 

そこで食品で取りきれない分としてサプリメントで補う方法があげられています。
もしも過剰に摂取しすぎたとしても、過剰分は尿として排出されるので安心です。

 

母体のためにも赤ちゃんのためにも、食品とサプリメントから上手に摂取することが大切です。

 

このページの先頭へ